2014 11 30 11.42.22

加古川評定の舞台

加古川城

旧地名:播磨8PV
カテゴリー:城跡訪問日:2014.11.30
Category0 h

史跡の説明・感想

加古川城は、鎌倉時代から糟谷(糟屋、加須屋)氏が領有していた地。
糟谷氏は平氏打倒で功を得た関東武士が元ともいわれる。

加古川城は平城で加古川を天然の堀とし、内堀を引き入れていたという。
織田家の播磨侵攻時、秀吉が毛利攻めの軍議の場として使ったことで「加古川評定」として知られる。
ここで三木別所氏が離反したことで、織田家は播磨攻めをやり直すことになる。
なお、ここ糟谷氏は当時東播磨で君臨した別所氏の配下であった。
兄朝正は別所氏に従い三木城へ籠城、討死。
弟武則は秀吉方につき、関ヶ原で西軍について改易されるまで加古川を治める。
(その後は徳川家旗本になったとも)

現在遺構は無く、加古川側にあるニッケ住宅手前の用水路が内堀の跡ではないかとも。

現在は称名寺というお寺になっており、裏手の墓地には糟谷家および糟谷武則公の墓所があります。

近くの春日神社は糟谷家初代が奈良春日神社から分祀したという由緒ある神社であるので、そこも行っておきたい。
この神社は加古川の赤壁の物語が残る場所です。

史跡の住所

兵庫県加古川市加古川町本町313

アクセスのヒント

加古川駅から徒歩10分ほど。称名寺というお寺です。

ギャラリー

  • 2014 11 30 11.42.31
  • 2014 11 30 11.44.23
  • 2015 10 24 10.58.28
  • 2015 10 24 10.57.11
  • 2015 10 24 10.58.31
  • 2015 10 24 10.52.33
  • 2015 10 24 10.57.05
  • 2014 11 30 11.44.33

この戦活を書いた武士

Aka mon

赤松某 宿老

小学校で「信長の野望」に出合い、それ以降戦国漬けで発酵しております。
一生涯で、どんだけ城や史跡を回られるんでしょうか。

コメント数 0件

コメントを登録するには武士登録が必要です。
すでに武士登録済みの場合はこちらからログインをしてください。

最新の戦活

2020 04 01 15.55.32
消える城 松原城(...
約2ヶ月前
摂津(神戸市北区道......
2020 02 14 13.41.35
歴史上の武家権力者...
4ヶ月前
「やわたのはちまん......
2020 02 14 12.36.02
一色家守護代三方範...
4ヶ月前
美豆城跡にある看板......
2020 02 14 12.09.10
松平定綱が築城、淀城
4ヶ月前
淀城は徳川秀忠・家......
2020 02 14 11.49.57
歴史を見てきた城、淀古城
4ヶ月前
淀古城(江戸期の淀......

石高ランキング

史跡ランキング

城跡
7人が記帳
城跡
6人が記帳
城跡
6人が記帳
城跡
5人が記帳
城跡
5人が記帳
Murakushu banner.20190713ai