2015 04 18 11.36.02

織田信忠軍と徹底抗戦、神吉頼定

神吉城

旧地名:播磨14PV
カテゴリー:城跡訪問日:2015.04.18
Category0 h

史跡の説明・感想

神吉城は赤松一族の神吉氏が築城し、代々この地を治める。
織田勢の侵攻の際には、三木別所氏の影響下にあったと思われる。
別所氏に従い、反織田の姿勢をとり、織田信長の嫡男・織田信忠(当時すでに家督を譲られており、織田家当主)の軍勢3万余に城を囲まれる。
神吉勢はおよそ2000の兵(領地から考えると実際は500~1000の兵に近隣住民や援軍が含まれていたと思います)で籠城。
しばらく耐えるも近親者の内通であえなく落城、神吉頼定は自害となりました。
この城の周りには、織田信忠、明智光秀、滝川一益、佐久間信盛といった織田家重臣がいたと思うと、武者震いです。

遺構としては、お寺があるのが本丸跡。お寺の方に聞いたところ、正門の両サイドにある石垣はコンクリート補強していますが、当時のまま残っているそうです。400年前の人が足をかけたでしょうね。

本堂左奥には城主、神吉頼定公が丁重に祀られています。ここ、加古川神吉の英雄です。

ちなみに、高砂に生石神社という不思議な形の大きな石がご神体の神社がありますが、そこの神主が当時、神吉頼定の弟だったようで、秀吉に陣所として貸し出すよう要求がきたのを断ったところ、焼き払われたと伝わります。

史跡の住所

日本, 〒675-0057 兵庫県加古川市東神吉町神吉1413 常楽寺

アクセスのヒント

宝殿駅から北へ徒歩だと20~30分くらい。バスが良いです。
常楽寺というお寺です。

ギャラリー

  • 2015 04 18 11.37.23
  • 2015 04 18 11.38.56
  • 2015 04 18 11.40.45
  • 2015 04 18 11.43.01
  • 2015 09 13 11.31.31
  • 2015 09 13 11.31.17

この戦活を書いた武士

Aka mon

赤松某 宿老

小学校で「信長の野望」に出合い、それ以降戦国漬けで発酵しております。
一生涯で、どんだけ城や史跡を回られるんでしょうか。

コメント数 0件

コメントを登録するには武士登録が必要です。
すでに武士登録済みの場合はこちらからログインをしてください。

最新の戦活

2020 08 01 13.28.09
竹田城最後の城主、...
約1年前
(現地看板より) ......
2020 08 01 13.18.23
竹田城を築いた太田...
約1年前
(現地看板より) ......
2020 08 01 13.22.39
竹田城主桑山一重夫...
約1年前
(現地看板より) ......
2020 04 01 15.55.32
消える城 松原城(...
1年以上前
摂津(神戸市北区道......
2020 02 14 13.41.35
歴史上の武家権力者...
1年以上前
「やわたのはちまん......

石高ランキング

史跡ランキング

城跡
7人が記帳
城跡
6人が記帳
城跡
6人が記帳
城跡
5人が記帳
城跡
5人が記帳
Murakushu banner.20190713ai