2015 11 28 17.03.58

播磨三城、東播太守別所氏の居城

三木城(釜山城)

旧地名:播磨17PV
カテゴリー:城跡訪問日:2015.11.28
Category0 h

史跡の説明・感想

織田家の播磨侵攻戦の中心的な戦いが、ここ三木別所氏の三木城攻め。
当時、東播磨一帯はほぼ三木別所氏の影響下にあり、淡河、明石、衣笠、魚住、間嶋、糟谷、長井、神吉、櫛橋、梶原、在田などといった諸勢力は別所氏に与していました。
加古川城での評定(一説には)にて反旗を翻した別所氏に味方するのかしないのか、ここが播磨諸勢が家名を残せるかどうかの分かれ道になったわけですね。

三木城は播磨三城といわれるほど、播磨では大きな城。
西は美嚢川を天然の堀に、南は宮の上という小高い山城を配し、全体は絶壁の城壁を囲っていました。

現在は本丸がわずかに残されているのみで、ほとんどが市役所関連施設や住宅街になってしまっています。
見逃せないポイントは、城の南側を別所友之が守っていたという鷹尾山城。市役所入り口近くに入れるところがあり、ここは当時の城郭がそのまま残っている貴重な場所です。(別途、記録帳に記録します)

史跡の住所

日本, 〒673-0432 兵庫県三木市上の丸町5−45

アクセスのヒント

新鉄三木上の丸駅徒歩5分くらい。

ギャラリー

  • 2015 11 28 16.59.05
  • 2015 11 28 16.58.46
  • 2015 11 28 17.01.26
  • 2015 11 28 16.57.50
  • 2015 11 28 17.00.02
  • 2015 11 28 17.01.43
  • 2015 11 28 17.01.49
  • 2015 11 28 17.01.55
  • 2015 11 28 17.00.13
  • 2015 11 28 16.59.31
  • 2015 11 28 17.02.34
  • Scn 0113
  • 2015 11 28 17.02.03
  • 2016 04 10 11.01.02

この戦活を書いた武士

Aka mon

赤松某 宿老

小学校で「信長の野望」に出合い、それ以降戦国漬けで発酵しております。
一生涯で、どんだけ城や史跡を回られるんでしょうか。

コメント数 0件

コメントを登録するには武士登録が必要です。
すでに武士登録済みの場合はこちらからログインをしてください。

最新の戦活

2020 08 01 13.28.09
竹田城最後の城主、...
1年以上前
(現地看板より) ......
2020 08 01 13.18.23
竹田城を築いた太田...
1年以上前
(現地看板より) ......
2020 08 01 13.22.39
竹田城主桑山一重夫...
1年以上前
(現地看板より) ......
2020 04 01 15.55.32
消える城 松原城(...
1年以上前
摂津(神戸市北区道......
2020 02 14 13.41.35
歴史上の武家権力者...
2年弱前
「やわたのはちまん......

石高ランキング

史跡ランキング

城跡
7人が記帳
城跡
6人が記帳
城跡
6人が記帳
城跡
5人が記帳
城跡
5人が記帳
Murakushu banner.20190713ai