Dsc 0721

山陰道、西国諸大名への抑え城

丹波篠山城

旧地名:丹波25PV
カテゴリー:城跡訪問日:2015.03.13
Category0 h
Category6 h 1c1fee2131038aba404b917738412794dfa1d7922d1135020078f1e820b591e8100名城 

史跡の説明・感想

Wikiより

1609年(慶長14年) - 徳川家康は、松平康重を常陸国笠間城から丹波国八上城に移し、さらに新城の築城を命じた。これは、山陰道の要衝である丹波篠山盆地に城を築くことによって、大坂の豊臣氏をはじめとする西国諸大名のおさえとするのが目的であったとされる。篠山盆地中心部の丘陵である笹山を築城地と定め、藤堂高虎が縄張を担当した。普請総奉行を池田輝政が務め、15か国20の大名の助役による天下普請により6か月で完成した。
1766年(明和3年) - 藩校「振徳堂」を建設。
以後、松井松平家一代、藤井松平家二代、形原松平家五代、青山家六代の居城を経て明治を迎えた。

(以下、私見)
いわゆる、関ヶ原後の近世城郭であり、その特徴的な石垣と堀がしっかり残っている。
本丸御殿がすばらしく復元され、手作り甲冑の展示などもされている。
城域だけでなく、周囲の城下町もきれいに保存され、観光としても力が入っているので、そちらも楽しみたい。

史跡の住所

日本, 〒669-2332 兵庫県篠山市北新町2−3 篠山城跡

アクセスのヒント

JR篠山口駅から神姫バスで15分、二階町下車

ギャラリー

  • 2015 03 13 09.35.01
  • 2015 03 13 10.01.16
  • 2015 03 13 10.03.06
  • 2015 03 13 09.59.47
  • 2015 03 13 10.02.56
  • 2015 03 13 10.00.20
  • 2015 03 13 10.09.01
  • 2015 03 13 09.36.36
  • 2015 03 13 10.07.24
  • 2015 03 13 09.35.38
  • 2015 03 13 10.11.46
  • 2015 03 13 10.12.00
  • 2015 03 13 10.12.56
  • 2015 03 13 10.09.42
  • 2015 03 13 10.14.43
  • 2015 03 13 10.17.07
  • 2015 03 13 10.21.30
  • 2015 03 13 10.18.42
  • 2015 03 13 10.17.03

この戦活を書いた武士

Aka mon

赤松某 宿老

小学校で「信長の野望」に出合い、それ以降戦国漬けで発酵しております。
一生涯で、どんだけ城や史跡を回られるんでしょうか。

コメント数 0件

コメントを登録するには武士登録が必要です。
すでに武士登録済みの場合はこちらからログインをしてください。

最新の戦活

2020 08 01 13.28.09
竹田城最後の城主、...
3ヶ月前
(現地看板より) ......
2020 08 01 13.18.23
竹田城を築いた太田...
3ヶ月前
(現地看板より) ......
2020 08 01 13.22.39
竹田城主桑山一重夫...
3ヶ月前
(現地看板より) ......
2020 04 01 15.55.32
消える城 松原城(...
6ヶ月前
摂津(神戸市北区道......
2020 02 14 13.41.35
歴史上の武家権力者...
8ヶ月前
「やわたのはちまん......

石高ランキング

史跡ランキング

城跡
7人が記帳
城跡
6人が記帳
城跡
6人が記帳
城跡
5人が記帳
城跡
5人が記帳
Murakushu banner.20190713ai