Img 6085

但馬の山城

八木城

旧地名:但馬33PV
カテゴリー:城跡訪問日:2017.04.10
Category0 h

史跡の説明・感想

八木城は、標高409mの「土城山」と、そこから南東へ離れた尾根伝いにある標高303mの「城山」の二か所があり、八木氏・別所氏が利用した山城です。

八木氏は但馬守護大名山名氏に属し、山名四天王の1人です。
豊臣秀吉による第一次但馬攻め第二次但馬攻めによって八木氏は降伏し、三木合戦で亡くなった別所長治の叔父である別所重宗が城主になり石垣の城に改修しました。
関ヶ原の戦いの後、別所氏が転封になり後継の藩主が置かれなかったため城は廃城になる。
鎌倉時代からの城として重要な遺構が残っていることから、1997年に国の史跡に指定。

登山口から少し急な尾根沿いの道を歩き
三の丸・二の丸と進むと、算木積み・高石垣・内桝形虎口などの遺構が残る本丸にたどりつきます。
更に尾根や急登を進むと、八木土城の外桝形虎口や主郭なども見ごたえあります。

史跡の住所

兵庫県養父市八鹿町下八木

アクセスのヒント

下八木公民館に車を停め、下八木登山口から八木城本丸まで徒歩40分。
八木城本丸から20分で八木土城の主郭へ。

ギャラリー

  • Img 6048
  • Img 6093
  • Img 6065
  • Img 6030
  • Img 6055
  • Img 6080
  • Img 6032

この戦活を書いた武士

Image

コウコウ 侍大将

お城好き歴史好きです。
主に、戦国時代・幕末が好きです。

コメント数 0件

コメントを登録するには武士登録が必要です。
すでに武士登録済みの場合はこちらからログインをしてください。

最新の戦活

Img 20190602 172334
北條式城郭の最高峰
約1ヶ月前
日本百名城40番、......
%e4%bf%a1%e6%bf%83%e5%ae%88 %e5%9b%bd%e5%ba%83%e5%be%a1%e6%9c%b1%e5%8d%b0
中興の三傑の刀
約2ヶ月前
...

石高ランキング

史跡ランキング

城跡
7人が記帳
城跡
6人が記帳
城跡
6人が記帳
城跡
5人が記帳
城跡
5人が記帳
2018 09 01 12.26.29
Murakushu banner 2