2017 12 16 10.58.08

明石藩の宿場町、淡河本陣

淡河本陣

旧地名:播磨10PV
カテゴリー:城跡訪問日:2017.12.16
Category0 h

史跡の説明・感想

淡河はかつて淡河氏が淡河城を構えて居した地。しかし、三木合戦で敗れた淡河氏の後、有馬氏が入り納めたが、その後廃城。城は無くなり、明石藩小笠原氏の領地となり、地元の庄屋村上氏が中心になり、宿場町として栄えたという。

現在、保存会の方々きれいに整備され、カフェとして利用されています。
趣があり、雰囲気の良いところですので、淡河に来た際にはぜひお立ち寄りください。

ちなみに、淡河は三木別所ともかかわりが深く、三木にも足を延ばしてはいかがでしょうか。

史跡の住所

日本、〒651-1603 兵庫県神戸市北区淡河町淡河793

アクセスのヒント

道の駅淡河から徒歩5分。そこまではお車で。

ギャラリー

  • 2017 12 16 11.36.06
  • 2017 12 16 11.59.19
  • 2017 12 16 11.43.20
  • 2017 12 16 10.58.08
  • 2017 12 16 11.37.42
  • 2017 12 16 11.01.36
  • 2017 12 16 11.43.15
  • 2017 12 16 10.58.30
  • 2017 12 16 11.31.08
  • 2017 12 16 11.00.40
  • 2017 12 16 11.29.58
  • 2017 12 16 11.01.45
  • 2017 12 16 11.29.34
  • 2017 12 16 11.31.58
  • 2017 12 16 11.34.09

この戦活を書いた武士

Aka mon

赤松某 宿老

小学校で「信長の野望」に出合い、それ以降戦国漬けで発酵しております。
一生涯で、どんだけ城や史跡を回られるんでしょうか。

コメント数 0件

コメントを登録するには武士登録が必要です。
すでに武士登録済みの場合はこちらからログインをしてください。

最新の戦活

Dsc 0606
越前朝倉氏の発祥の地
17日前
但馬朝倉城は、北近......
2018 08 13 12.07.51
我に七難八苦を与え...
25日前
ご存知、山中鹿之助......
2018 07 30 16.11.00
謎の城、加古川 釜井城
26日前
中世の城郭資料に多......
2018 07 27 14.32.15
観応の擾乱の舞台!...
約2ヶ月前
真言宗の大きな寺院......
2018 07 15 15.56.00
丹波守護代内藤家家...
約2ヶ月前
新庄城は丹波八木城......

石高ランキング

史跡ランキング

城跡
6人が記帳
城跡
6人が記帳
城跡
6人が記帳
城跡
5人が記帳
城跡
5人が記帳
Murakushu logo2 fb
Murakushu banner