2018 03 13 09.35.34

赤松一族神出氏の神出城

神出城

旧地名:播磨22PV
カテゴリー:城跡訪問日:2018.03.17
Category0 h

史跡の説明・感想

神出城は、赤松範次(神出左衛門範次)が城主だったという。ちなみに、この神出氏の一族が加古川神吉に領地をもらい、神吉氏になっています。
どこが城であったかは、どうもまだ確定していないようで、山王神社のある山、その隣の雌岡山、そして、その先の雄岡山、さらには少し北西に行った大歳神社が麓の館である、など推定地がお送ります。
今回、山王神社と雌岡山に登りました。山王神社はそれほど高くはなく、削平地は神社の境内と裏手の墓地くらいしかありません。一方、雌岡山は山頂に神出神社があり、途中の駐車場(西側)や白玉大明神、裸石神社と姫石神社、東側の大き目の駐車場、そして梅園と規模は大きく、削平地として使っていたと想像もできそうです。ただ、現代の手が山ほど入ってきれいに整備されているので、何とも言えません。
今度は雄岡山の方にも行ってみよう。

史跡の住所

日本、〒651-2311 兵庫県神戸市西区神出町東1163

アクセスのヒント

175号線を北上し、老ノ坂交差点を右折すると左手の山に山王神社があります。

ギャラリー

  • 2018 03 17 10.52.07
  • 2018 03 17 11.37.31
  • 2018 03 17 11.21.41
  • 2018 03 17 11.36.57
  • 2018 03 17 11.00.01
  • 2018 03 17 10.51.52
  • 2018 03 17 10.51.05
  • 2018 03 17 11.05.46
  • 2018 03 17 10.48.12
  • 2018 03 17 10.26.11
  • 2018 03 17 10.47.42
  • 2018 03 17 10.38.36
  • 2018 03 17 10.46.53
  • 2018 03 17 10.42.32
  • 2018 03 17 10.43.46
  • 2018 03 17 10.38.18
  • 2018 03 17 10.43.24
  • 2018 03 17 10.30.47
  • 2018 03 17 10.31.08
  • 2018 03 13 09.44.04
  • 2018 03 13 09.43.17
  • 2018 03 13 09.49.06
  • 2018 03 13 09.43.15
  • 2018 03 13 09.38.58
  • 2018 03 13 09.40.50
  • 2018 03 13 09.36.54
  • 2018 03 13 09.33.09
  • 2018 03 13 09.36.10
  • 2018 03 13 09.42.35
  • 2018 03 13 09.42.15
  • 2018 03 13 09.40.56
  • 2018 03 13 09.38.41
  • 2018 03 13 09.36.32
  • 2018 03 13 09.33.15
  • 2018 03 13 09.35.34

この戦活を書いた武士

2014 10 22 17.15.44

ドナ坊 家老

小学校で「信長の野望」に出合い、それ以降戦国漬けで発酵しております。
一生涯で、どんだけ城や史跡を回られるんでしょうか。
甲冑にも興味があり、自作しております。

コメント数 0件

コメントを登録するには武士登録が必要です。
すでに武士登録済みの場合はこちらからログインをしてください。

最新の戦活

2018 04 07 16.46.40
古墳を利用した三好...
5日前
今城はあまり詳しい......
2018 04 07 12.29.48
天下人、三好長慶の...
8日前
芥川山城の最初の築......
Dsc 0091
古代の山城
21日前
ビジターセンターか......
2018 03 22 15.37.49
赤松庶流、石野氏の館
22日前
石野氏は、播磨守護......
2018 03 13 09.35.34
赤松一族神出氏の神出城
約1ヶ月前
神出城は、赤松範次......

石高ランキング

史跡ランキング

城跡
6人が記帳
城跡
6人が記帳
城跡
6人が記帳
城跡
5人が記帳
城跡
5人が記帳
Murakushu logo2 fb
Murakushu banner