Dsc07757.jpg bright1

真田信之の正室・小松姫のお墓が眠る芳泉寺

芳泉寺

旧地名:信濃18PV
カテゴリー:寺社・神社(墓所含む)訪問日:2017.08.13
Category1 h

史跡の説明・感想

芳泉寺は長野県上田市に在る浄土宗鎮西派の寺院。号は松翁山円覚院。

1583年(天正11年)真田昌幸が上田城の築城に際して小県郡下之条村(後の上田市大字下之条)に在った全称院を上田城下に移転して、常福寺と号したのが始まりとされています。

1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いの終結後、昌幸の嫡男・真田信之が上田城主になると、ここが真田氏の菩提寺となります。1620年(元和6年)信之の妻・小松姫が亡くなると、ここを含む三ヶ所の寺に分骨され、一周忌の際に御霊廟が設けられました。

1622年(元和8年)信之の松代移封に伴い、小松姫の御霊廟も松代城下の大英寺に移転します。

その後、上田に小諸城主・仙石忠政が入封すると、仙石氏の菩提寺である宝仙寺を当地に移転し、真田氏の庇護にあった常福寺が小県郡下之条村に戻されました。

寺号が宝仙寺から芳泉寺に改められた時期については定かではないが、忠政の嫡男・仙石政俊の死後とも、小諸から移転した直後からともされています。

史跡の住所

長野県上田市常磐城3丁目7−48

アクセスのヒント

・上信越自動車道上田菅平インターチェンジから車で約15分

・JR東日本・しなの鉄道・上田電鉄上田駅からタクシーで約10分

ギャラリー

  • Dsc07784.jpg bright2
  • Dsc07782
  • Dsc07777
  • Dsc07773.jpg bright1
  • Dsc07771.jpg bright2
  • Dsc07753
  • Dsc07766.jpg br1
  • Dsc07769
  • Dsc07767.jpg br1
  • Dsc07762.jpg bright1
  • Dsc07763.jpg bright2
  • 638.jpg br1
  • Dsc07760
  • Dsc07759.jpg br1
  • 648.jpg br1
  • 655.jpg br1
  • 644.jpg br1
  • 634.jpg br1

この戦活を書いた武士

5784 796783283800675 1759545601045254909 n

もえ 中老

日本史が大好きです。2007年頃から京都など古都の寺社仏閣めぐりから始まり、2012年より本格的に史跡めぐりを始めました。主に日本100名城や最近では山城も。古戦場めぐりも好きです。

太平洋戦争史も好きで、あちこちの戦跡を巡っています。こちらは2015年~。
歴史上の人物のお墓めぐりも好きです。

コメント数 0件

コメントを登録するには武士登録が必要です。
すでに武士登録済みの場合はこちらからログインをしてください。

最新の戦活

2020 08 01 13.28.09
竹田城最後の城主、...
約1ヶ月前
(現地看板より) ......
2020 08 01 13.18.23
竹田城を築いた太田...
約1ヶ月前
(現地看板より) ......
2020 08 01 13.22.39
竹田城主桑山一重夫...
約1ヶ月前
(現地看板より) ......
2020 04 01 15.55.32
消える城 松原城(...
5ヶ月前
摂津(神戸市北区道......
2020 02 14 13.41.35
歴史上の武家権力者...
7ヶ月前
「やわたのはちまん......

石高ランキング

史跡ランキング

城跡
7人が記帳
城跡
6人が記帳
城跡
6人が記帳
城跡
5人が記帳
城跡
5人が記帳
Murakushu banner.20190713ai