Dsc07463.jpg br1

柴田勝家とその妻・お市の方が眠る西光寺

西光寺

旧地名:越前33PV
カテゴリー:寺社・神社(墓所含む)訪問日:2017.08.12
Category1 h

史跡の説明・感想

西光寺は朝倉氏の時代に吉田郡岡保次郎丸に建立された真盛派の中心寺院で大いに栄えたとされていますが、朝倉氏滅亡後の天正3年、柴田勝家の北ノ庄(福井)築城に際し北ノ庄に移転させられ、現在は福井市の左内町に在ります。1583年(天正11年)6月、賤ヶ岳の戦いで羽柴秀吉に破れた柴田勝家は越前に敗走し、北ノ庄城に篭城します。

しかし6月13日に足羽山(天魔ヶ池)に着陣した秀吉軍の攻撃が開始されると、その日のうちに本丸を残すのみとなり、翌14日夕刻、勝家は妻の信長妹お市を刺した後に自刃して果てます。

勝家の辞世は 「夏の夜の 夢路はかなき跡の名を 雲居にあげよ山郭公」
お市は 「さらぬだに  打ちぬる程も 夏の夜の 別れを誘ふ ほととぎすかな」

境内には勝家・お市の墓があり、勝家愛用といわれている梅の木、奇橋として有名だった半石半木の「九十九(つくも)橋」の橋梁などが残されています。また境内には、勝家の遺品である馬印・念持仏・刀などが展示されている柴田勝家公資料館があります。

史跡の住所

アクセスのヒント

福井駅から徒歩15分~20分

ギャラリー

  • Dsc07463.jpg br1
  • Dsc07460.jpg br1
  • Dsc07459.jpg br1
  • Dsc07457.jpg br1
  • Dsc07455.jpg br1
  • Dsc07446.jpg br1
  • Dsc07451
  • Dsc07448.jpg br1
  • Dsc07450.jpg br1
  • Dsc07444.jpg br1
  • Dsc07453.jpg br1
  • 355.jpg br1

この戦活を書いた武士

5784 796783283800675 1759545601045254909 n

もえ 中老

日本史が大好きです。2007年頃から京都など古都の寺社仏閣めぐりから始まり、2012年より本格的に史跡めぐりを始めました。主に日本100名城や最近では山城も。古戦場めぐりも好きです。

太平洋戦争史も好きで、あちこちの戦跡を巡っています。こちらは2015年~。
歴史上の人物のお墓めぐりも好きです。

コメント数 0件

コメントを登録するには武士登録が必要です。
すでに武士登録済みの場合はこちらからログインをしてください。

最新の戦活

2020 08 01 13.28.09
竹田城最後の城主、...
約1ヶ月前
(現地看板より) ......
2020 08 01 13.18.23
竹田城を築いた太田...
約1ヶ月前
(現地看板より) ......
2020 08 01 13.22.39
竹田城主桑山一重夫...
約1ヶ月前
(現地看板より) ......
2020 04 01 15.55.32
消える城 松原城(...
5ヶ月前
摂津(神戸市北区道......
2020 02 14 13.41.35
歴史上の武家権力者...
7ヶ月前
「やわたのはちまん......

石高ランキング

史跡ランキング

城跡
7人が記帳
城跡
6人が記帳
城跡
6人が記帳
城跡
5人が記帳
城跡
5人が記帳
Murakushu banner.20190713ai