Dsc 0565 2

藤堂高虎の出世の地

田和城

旧地名:但馬22PV
カテゴリー:城跡訪問日:2018.07.07
Category0 h

史跡の説明・感想

田和城は、藤堂高虎が家臣の武将居相孫作に与え、その後、加保村の武将栃尾祐善に譲ったと伝えられています。

田和城は丘の上にある小規模な城郭です。小さな曲輪や土塁、堀切があります。

藤堂高虎は、出石城主の羽柴秀長に3百石で仕官し、毛利輝元に与した小代一揆の平定後3千石を加増されて領主となり、加保村の武士・加賀守の媒酌で香住の中野村住む一色氏の娘と結婚しました。
その後、藤堂高虎は羽柴秀長から1万石の和歌山県粉河城主を命じられ、大屋から粉川に移りました。

羽柴秀吉が鳥取城攻めの途中で、高虎を訪ねて栃尾加賀守屋敷に立ち寄り、昼弁当をとったとも伝わります。

大屋のあゆ公園の隣に、「藤堂高虎ゆかりの里、大屋郷・加保村」と書いた記念碑が建っています。

史跡の住所

日本、兵庫県養父市朝倉

アクセスのヒント

駐車場はあゆ公園にあります。
田和城までは徒歩5分位です。

ギャラリー

  • Dsc 0558
  • Dsc 0555
  • Dsc 0560
  • Dsc 0563
  • Dsc 0564 3

この戦活を書いた武士

Image

コウコウ 侍大将

お城好き歴史好きです。
主に、戦国時代・幕末が好きです。

コメント数 0件

コメントを登録するには武士登録が必要です。
すでに武士登録済みの場合はこちらからログインをしてください。

最新の戦活

2019 06 14 11.07.34
十河一存の築城?!柴島城
約1ヶ月前
柴島城は、大阪の阪......
Img 20190602 172334
北條式城郭の最高峰
3ヶ月前
日本百名城40番、......

石高ランキング

史跡ランキング

城跡
7人が記帳
城跡
6人が記帳
城跡
6人が記帳
城跡
5人が記帳
城跡
5人が記帳
Murakushu banner.20190713ai