2018 12 14 17.12.27

細川家の内紛、大物崩れの戦跡

大物崩れ

旧地名:摂津8PV
カテゴリー:古戦場・陣跡訪問日:2018.12.14
Category3 h

史跡の説明・感想

大物崩れの戦は、細川家の内紛である高国と澄元らとの闘いの一つ。
一時優勢であった高国派であったが、阿波の晴元や丹波の波多野、柳本らに反旗を翻され没落。
盛り返そうとするも赤松勢に裏切られて、ここ大物の戦いで大敗、広徳寺(当時の所在は今と違う)にて自害に追い込まれたという。

史跡の住所

尼崎市東大物町1丁目4

アクセスのヒント

阪神大物駅すぐ

ギャラリー

  • 2018 12 14 17.12.19
  • 2018 12 14 17.12.27

この戦活を書いた武士

Aka mon

赤松某 宿老

小学校で「信長の野望」に出合い、それ以降戦国漬けで発酵しております。
一生涯で、どんだけ城や史跡を回られるんでしょうか。

コメント数 0件

コメントを登録するには武士登録が必要です。
すでに武士登録済みの場合はこちらからログインをしてください。

最新の戦活

石高ランキング

史跡ランキング

城跡
7人が記帳
城跡
6人が記帳
城跡
6人が記帳
城跡
5人が記帳
城跡
5人が記帳
2018 09 01 12.26.29
Murakushu banner 2