2019 03 02 13.04.35

大坂冬の陣、今福の戦い古戦場

今福・蒲生古戦場

旧地名:摂津32PV
カテゴリー:古戦場・陣跡訪問日:2019.03.02
Category3 h

史跡の説明・感想

<Wikiより抜粋>

今福の戦い(いまふくのたたかい)は、江戸幕府と豊臣家の間の大坂の陣(大坂の役)のうち、1614年 (慶長19年)末に発生した大坂冬の陣において行われた戦いの一つ。

大坂城東北、大和川の北岸に今福村、南岸に鴫野村がある。この地域は低湿地帯になっており、軍隊が展開できるのは堤防上のみ、まわりは田圃という地形だった。豊臣方は今福村に三カ所の堀切と四重の柵を設置し、矢野正倫および飯田家貞 にそれぞれ兵300で守備させていた。徳川家康は今福村に付け城を築くため、今福・鴫野の両柵の奪取を命じた。今福へは佐竹義宣指揮下の兵1,500を送った。

11月26日夜明け、佐竹勢が今福を攻撃、佐竹麾下の渋江政光、戸村義国らにより第四柵まで占拠され、矢野と飯田は討死した。豊臣軍は木村重成が来援し、反撃に転じたため佐竹勢はやや後退したがその後膠着状態になった。その様子を大坂城天守から見ていた豊臣秀頼は、後藤基次に救援を命じた。後藤が駆けつけ木村を支援しながら突撃を指揮し、佐竹勢を押し戻した。渋江政光は第一柵で防戦していたが、木村重成の指示で狙撃され討死したため佐竹勢先鋒隊が潰走、佐竹義宣は大和川対岸にいた上杉勢に救援を求めた。それを受けた上杉景勝、堀尾忠晴および榊原康勝の軍勢が大和川の中州まで出て銃撃を加えたため、豊臣軍は撤退した。

この戦いにおいて、将軍徳川秀忠から、佐竹家中の5名に感状と褒美が与えられている(『大日本史料』元和元年正月十七日条)

史跡の住所

日本、〒536-0004 大阪府大阪市城東区今福西1丁目14−10

アクセスのヒント

JR鴫野駅から北へ徒歩15分ほど。川を渡って右折、コンビニのある交差点に小さな神社があるので、そこです。

ギャラリー

  • 2019 03 02 13.04.35
  • 2019 03 02 13.04.23
  • 2019 03 02 13.06.34
  • 2019 03 02 13.04.45

この戦活を書いた武士

Aka mon

赤松某 宿老

小学校で「信長の野望」に出合い、それ以降戦国漬けで発酵しております。
一生涯で、どんだけ城や史跡を回られるんでしょうか。

コメント数 0件

コメントを登録するには武士登録が必要です。
すでに武士登録済みの場合はこちらからログインをしてください。

最新の戦活

2018 06 01 15.23.23
佐伯氏の城、鹿の川構
13日前
このあたりには佐伯......
2018 04 20 14.32.52
今里氏の城、小宮構
13日前
この小宮の付近に、......
2019 03 02 13.22.06
大坂冬の陣、豊臣方...
2ヶ月前
大坂冬の陣で大和川......

石高ランキング

史跡ランキング

城跡
7人が記帳
城跡
6人が記帳
城跡
6人が記帳
城跡
5人が記帳
城跡
5人が記帳
2018 09 01 12.26.29
Murakushu banner 2