2020 02 14 11.49.57

歴史を見てきた城、淀古城

淀古城

旧地名:山城13PV
カテゴリー:城跡訪問日:2020.02.14
Category0 h

史跡の説明・感想

淀古城(江戸期の淀城と区別するため)は、古くは応仁の乱で細川家と畠山家の戦いの中で戦場として名前が出ています。
京都と大阪、その先の瀬戸内に通ずる交通の要衝であるがゆえに、権力者の奪い合いがあった地でした。
細川家の被官が城主を務めたあと、三好家、松永家、そして足利義昭が信長に反旗を翻した時には岩成友通が籠城したが討死し、城も落ちた。
秀吉が側室の茶々の産所としたことから、その後淀殿と呼ばれるようになったのは有名なお話。
秀次事件の折りに城主だった木村重玆が連座したことで、廃城となったようです。

現在は、妙教寺の門前に石碑があるのみで、遺構というものはほぼありません。
お寺の脇を流れる小川が堀として使っていた後かな?と思わせるくらい。
このお寺から東へ川沿いへ行ったところに骨董屋さんがあり、そこにもう1つ淀古城薬師堂跡の石碑があります。

このあたりは戊辰戦争があった戦場でもあるので、そちらもご興味ある方は巡られてはどうでしょうか。

史跡の住所

日本、〒612-8279 京都府京都市伏見区納所北城堀46

アクセスのヒント

京阪淀駅から北へ徒歩10分ほど。妙教寺というお寺です。

ギャラリー

  • 2020 02 14 11.51.29
  • 2020 02 14 11.50.24
  • 2020 02 14 11.48.14
  • 2020 02 14 12.00.37
  • 2020 02 14 11.49.57
  • 2020 02 14 12.00.53

この戦活を書いた武士

Aka mon

赤松某 宿老

小学校で「信長の野望」に出合い、それ以降戦国漬けで発酵しております。
一生涯で、どんだけ城や史跡を回られるんでしょうか。

コメント数 0件

コメントを登録するには武士登録が必要です。
すでに武士登録済みの場合はこちらからログインをしてください。

最新の戦活

2020 04 01 15.55.32
消える城 松原城(...
25日前
摂津(神戸市北区道......
2020 02 14 13.41.35
歴史上の武家権力者...
3ヶ月前
「やわたのはちまん......
2020 02 14 12.36.02
一色家守護代三方範...
3ヶ月前
美豆城跡にある看板......
2020 02 14 12.09.10
松平定綱が築城、淀城
3ヶ月前
淀城は徳川秀忠・家......
2020 02 14 11.49.57
歴史を見てきた城、淀古城
4ヶ月前
淀古城(江戸期の淀......

石高ランキング

史跡ランキング

城跡
7人が記帳
城跡
6人が記帳
城跡
6人が記帳
城跡
5人が記帳
城跡
5人が記帳
Murakushu banner.20190713ai